プラグイン「WP Force SSL」でSANGOのサイトも楽々に常時SSL化

WordPressプラグイン「WP Force SSL」

WordPressプラグイン「WP Force SSL」でSANGOのサイトも楽々に常時SSL化

今回は「WP Force SSL & HTTPS SSL Redirect」というWordPressプラグインの紹介です。

コケ太郎

「WP Force SSL」はどんなプラグインだコケー?

「WP Force SSL」は、http://~ のURLを https://~ へ強制的にリダイレクトしてくれるプラグインです。

 

このプラグインを利用することでSANGOで構築したサイトも簡単にHTTPS通信化できます。

「HTTP→HTTPSリダイレクト」のプラグインをお探しの方は、ぜひこちらの記事も参考にしてください。

 

「WP Force SSL」をインストール

まずは「WP Force SSL」のインストールから行います。
インストールは、管理画面の左側にある「プラグイン」の「新規追加」画面から行います。

「新規追加」画面を開くと画面右上にあるボックスから「WP Force SSL」を検索してください。
そうすると該当プラグインが出てきます。
WordPressプラグイン「WP Force SSL」のインストール
表示されている「今すぐインストール」をクリックすると数十秒でインストールが完了します。

インストールはこれで完了です。

プラグインのインストール方法は以下のページもまとめています。
詳しい方法を知りたい方は、そちらのページも参考にしてみてください。

【SANGO】プラグインのインストール方法は2パターン!方法を詳しく解説!

 

「HTTP→HTTPSリダイレクト」を有効化

「WP Force SSL」をインストールして有効化まで行ったら、次は「HTTP→HTTPSリダイレクト」を有効化させるための設定を行っていきます。

といっても、1項目を有効化するだけなので簡単です。

 

まずは、管理画面の「設定」の中にある「WP Force SSL」をクリックしてください。
このような画面が開きます。
プラグイン「WP Force SSL」の設定画面

複数のタブがあるので「Setting」をクリックしてください。
プラグイン「WP Force SSL」の設定画面
「Setting」画面の中にある「Redirect HTTP requests to HTTPS」を有効にしてください。
※「Redirect HTTP requests to HTTPS」はデフォルトで有効になっていると思いますが、もしなっていない場合には有効化してください。

この「Redirect HTTP requests to HTTPS」の有効化によりサイト全体をHTTPS化(常時SSL化)されるので、基本的にはこれで設定は完了です。

ですが、「Enable HSTS」も念のために有効化しておくことをおすすめします。

「Enable HSTS」を有効化することで、WEBブラウザに対してHTTPSへの使用を強制化してくれます。
その為、もしHTTPへアクセスしてもHTTPSとして処理してくれます。

例えば、既存記事内にHTTPでリンクを貼られた画像が存在していても、HTTPSのURLとして扱ってくれます。

 

プラグイン「WP Force SSL」を使ったサイトの常時SSL化の設定はこれで完了です。
簡単なので、皆さんもぜひ挑戦してみてください。

 

プラグイン「WP Force SSL」のまとめ

こちらの記事では、WordPressのプラグイン「WP Force SSL」についてまとめました。

「WP Force SSL」を利用することで簡単にHTTPからHTTPSへのリダイレクトを設定することができます。

HTTPS通信はGoogleでの検索順位にも影響します。
SEO対策としても重要な設定になるので、必ず常時SSL化は設定しておきましょう。