ConoHa WINGのメリット・デメリットをチェック!

SANGOのテーマを最新バージョンにアップデートする方法

SANGOテーマをWordPress管理画面上から手動でバージョンアップする方法

SANGOのテーマを最新バージョンにアップデートする方法

7月7日にSANGOもv3.0へバージョンアップしましたね。
それに伴ってテーマ価格も大幅値上げになりました・・・

ただし、既にSANGOを購入済の方は、追加料金などは不要でv3.0の利用が可能になっています。

そこで、今回は既にSANGOをお持ちの方がv3.0へバージョンアップする方法を紹介します。

 

まず、テーマのバージョンアップと言えば管理画面上に表示されることが多いのですが、今回は何も表示されていません。

WordPressテーマの管理画面
本来は「新しいバージョンが利用できます」というメッセージが出ていることが多いのですが。

 

その為、今回はSANGOの購入画面であるBOOTHから最新テーマをダウンロードしてバージョンアップを行うことになります。

SANGOの初回購入時にBOOTHのアカウントを作成されていると思います。
まずは、BOOTHの画面にログインを行いましょう。

https://saruwakakun.booth.pm/

ログイン後、SANGOの購入履歴へ移動して「注文詳細画面」を開いてください。
BOOTH・SANGOの購入履歴

このようにSANGOの最新バージョン(sango-theme.3.0.11.zip)をダウンロードできるようになっています。
BOOTH・SANGOの最新テーマファイル
ここから親テーマ(sango-theme.3.0.11.zip)子テーマをダウンロードしておきます。
※現時点(2022.07.11)では3.0.11が最新ですが、アクセスするタイミングによってさらにバージョンが上がっている可能性あり。

ダウンロードした親テーマと子テーマは、お使いのPCのローカルにでも保存しておいてください。

 

次は、WordPressの管理画面へ移動します。
そして「外観」→「テーマ」→「新規追加」と画面を移動してください。
WordPressのテーマ画面

このようなテーマの追加画面が開きます。
WordPressのテーマ更新
この画面の上部に表示されている「テーマのアップロード」をクリックしてください。

次は、テーマのアップロード画面が開きます。
WordPressのテーマ選択画面
「参照」をクリックして、ローカルに保存しておいた最新の親テーマを選択してください。

選択したら「今すぐインストール」をクリックして、インストールを開始ます。
テーマのバージョンアップ

既存のインストール済みのSANGOテーマとバッティングしてしまいましたね。
テーマのバージョンアップ確認画面
ですが、ここは気にせず「アップロードしたもので現在のものを置き換える」をクリックしてインストールを続行します。

そして、インストールが完了です。
テーマのバージョンアップ完了
一旦、テーマ画面に戻ってみます。

WordPressのテーマ画面
以前とテーマのロゴが変わりましたね。
ですが、これで親テーマのバージョンアップが完了です。

 

同様にして、ダウンロードしておいた子テーマもインストールします。
WordPressテーマ「SANGO」の子テーマインストール

WordPressテーマ「SANGO」の子テーマインストール

WordPressテーマ「SANGO」の子テーマインストール

WordPressテーマ「SANGO」の子テーマインストール

これでSANGOのバージョン3へのバージョンアップが完了です。

画面の数が多いのでちょっと面倒に思われるかもしれないですが、実際にはサクッとできます。
皆さんも古いバージョンのSANGOを利用されている場合には、最新バージョンへのバージョンアップを試してみてください!

1 COMMENT

匿名希望

当方、sangoのバージョン1.5で、
sangoのホームページの更新の手順通りしてもできず、途方に暮れておりましたが、
あなた様のこのサイトのおかげでできました。
感謝、感激でございます。
ありがとうございました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です