WP SiteManager

WP SiteManager Top

今回は「WP SiteManager」というプラグインの紹介です。

 

こちらのプラグインは多機能で、

・HTMLサイトマップ、パンくずナビなどの設定
・メタキーワード、メタディスクリプションの設定
・OGPの出力設定
・ページナビ(ページャー)の設定
・デバイス判定によるテーマの切り替え
・キャッシュ機能の設定

などを行えます。

ただ、

私は個人的にはあまり馴染みのないプラグインになりますので、

各項目を検証しながらの説明になりますので、

このプラグインに関しましてはざっと流す程度にさせて頂きます。

 

まず、

プラグインをインストールして有効化すると、

管理画面左メニューに「WP SiteManager」という項目が追加されます。

WP SiteManager メニュー選択

■モジュール
■SEO & SMO
■サイト構造
■マルチデバイス
■キャッシュ設定

の設定画面が追加されるので、

それぞれの設定画面について説明していきます。

■モジュール
WP SiteManager モジュール

こちらでは、「Theme Switcher」「キャッシュ」の有効化・停止の切り替えを行えます。

 

■SEO & SMO
こちらの画面では、キーワードの設定、キーワードの設定、OGP出力などのソーシャル関連の設定などを行います。
WP SiteManager SEO & SEM

【サイトワイド設定】
・共通キーワード
ここで入力したキーワードは、各ページ共通で使用されるキーワードになります。
ただし、現在はGoogleはKeywordsタグの内容を評価しないので、登録しなくてもOKです。

・基本ディスクリプション
投稿画面で「メタディスクリプション」を入力しない場合には、各ページのDescriptionタグにはこちらの内容が出力されます。
ただし、下記の「記事のメタディスクリプション」にチェックを入れていると、記事の抜粋が優先されます。

【記事設定】
・記事のキーワードに含める分類
「カテゴリー」「タグ」にそれぞれチェックを入れておくと、キーワードに「カテゴリー名」や「タグ」を追加してくれます。
ただし、現在はGoogleはKeywordsタグの内容を評価しないので、チェックを入れなくてもOKです。

・記事のメタディスクリプション
こちらにチェックを入れておくと、
投稿画面で「メタディスクリプション」を入力しない場合には、記事から抜粋した説明文がDescriptionタグに設定されます。

【タクソノミー設定】
・タクソノミーのメタキーワード
チェックを入れておくと、キーワードに「分類名」を追加してくれます。
ただし、現在はGoogleはKeywordsタグの内容を評価しないので、こちらにもチェックを入れなくてもOKです。

【ソーシャル設定】
SNSで記事をシェアされる場合に必要な設定を行います。
SNSのシェアボタンを設定される場合には、設定しておいた方がいいです。

・共通イメージ画像
SNSでシェアされた際に表示される共通の画像です。
記事に画像が投稿されていない場合には、こちらの画像が使用されます。

・OGPの出力
チェックを入れておくと、OGPタグを設定してくれます。

・Twitter Cardsの出力
チェックを入れておくと、Twitterカードを設定してくれます。

・Twitter Cardsのサイトアカウント
ツイッターアカウントのユーザー名を登録します。

 

※因みに、カテゴリーページのタイトルや説明文(メタディスクリプション)は、
 「カテゴリーの編集」画面から設定を行えます。
WP SiteManager カテゴリーの編集

 

■サイト構造
こちらの画面では、HTMLサイトマップの設定を行います。
WP SiteManager サイト構造
必要に応じてこちらの画面の設定を行った後に「固定ページ」を作成して、

ショートコード(

固定ページ

記事一覧

    カテゴリー

    • カテゴリーなし
    )を投稿エディタに貼り付ければOKです。

    例えば、「sitemap」というスラッグ名で固定ページを作成してみて下さい。

    404 Not Found

    にアクセスすれば、

    以下の様なページが表示されると思います。
    WP SiteManager HTMLサイトマップ

    ただ、見た目があまりにもシンプル過ぎます。

    そんな時には、

    「スタイルの変更」からスタイルを変更しましょう。

    現時点のバージョンでは、「シンプル1」「シンプル2」「ベーシック1」「モダン1」「モダン2」から選択できます。

    例えば、「ベーシック1」を選択すれば以下の様な表示になります。
    WP SiteManager HTMLサイトマップ モダン1

    ただ、これでもかなりシンプルなデザインになってしまいます。

    このままだと実際の案件では使用できないので、

    CSSを解析して独自にデザインの調整を行った方がいいかとは思います。

     

    ■マルチデバイス
    こちらの画面では、デバイス判定によるテーマの切り替え設定を行います。
    「デバイスグループ」と「デバイス」の追加を行います。
    WP SiteManager デバイス判定

    「デバイスグループ」の追加では、「グループ名」「テーマ」「スラッグ」「優先度」の設定を行います。
    WP SiteManager デバイスグループの追加

    これで、デバイス毎の設定が行えます。

     

    ■キャッシュ設定
    こちらの画面では、キャッシュ機能の設定を行います。
    WP SiteManager キャッシュ機能
    まず、キャッシュ機能を有効にするために、「wp-config.php」に「define( ‘WP_CACHE’, true );」を記述します。
    記述する場所は、
    「/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。 */」という記述よりも上になります。
    ※迷った場合は、上記記述の直前に追記しておけばいいです。

    【キャッシュの有効期限】
    キャッシュする有効期限を設定します。
    ・トップページ
    ・アーカイブ(一覧)
    デフォルトでは、共に60分です。
    設定時間はサイトの更新頻度にもよりますが、取りあえずはデフォルトのままで様子をみていいと思います。

    ・記事詳細「360分」
    デフォルトでは360分です。
    設定時間は記事の更新頻度にもよりますが、取りあえずはデフォルトのままで様子をみていいと思います。

    ・キャッシュ除外URL
    もし、キャッシュ機能から除外したいURLがあれば、記述して下さい。

    ・キャッシュするクエリ文字列
    キャッシュしておきたいクエリがあれば、こちらに記述しておきます。
    よく分からなければ、この項目はスルーしてしまっていいです。
    因みに、URLの後ろに「id=xxxx」みたいなパラメータが付いているのを見掛けることがありますが、これをキャッシュします。

    ・記事公開時に削除するキャッシュの範囲
    記事を公開する際にキャッシュを削除するページを指定します。
    「削除しない」「記事のみ」「記事とトップページ」「すべて」から選択できますが、
    削除する必要はないので「削除しない」のままでいいです。

    ・キャッシュのクリア
    キャッシュを削除したい場合には、「キャッシュを全てクリア」ボタンでクリアできます。

    ・advanced-cache.phpの再生成
    「advanced-cache.phpを生成する」ボタンで、advanced-cache.phpを再生成できます。

     

    ■パンくずの設定
    「パンくず」を表示させたい箇所に以下の様なコードを記述すれば、基本的には表示できます。

    <?php if(class_exists(“WP_SiteManager_bread_crumb”)) WP_SiteManager_bread_crumb::bread_crumb(“home_label=HOME&category_label=%scategory”); ?>

    詳細ページであれば以下の様に表示されます。
    WP SiteManager パンくず
    これだとまずいので、パンくずとしては当然まずので、

    CSSを解析して横並びになるように修正する必要がありますね。

    実際に吐き出されているソースコードをブラウザから確認して貰えば分かりますが、

    <ul class=”bread_crumb”>
    <li class=”level-1 top”><a href=”https://www.sample.com/”>HOME</a></li>
    <li class=”level-2 sub”><a href=”https://www.sample.com/category/test01/”>カテゴリー1</a></li>
    <li class=”level-3 sub tail current”>Sample Post 4</li>
    </ul>

    のようなHTMLが吐き出されているので、

    こちらのクラスにCSSを当ててやれば修正できます。

    こちらの機能は、いろいろとパラメータも設定できます。
    詳細は以下のページ(公式サイト)にまとめられています。
    http://www.wp-sitemanager.com/usage/breadcrumb/

     

    ■ページナビの設定
    「ページナビ」を表示させたい箇所に以下の様なコードを記述すれば、基本的には設定は完了です。

    <?php if(class_exists(“WP_SiteManager_page_navi”)) WP_SiteManager_page_navi::page_navi(); ?>

    カテゴリーページであれば以下の様に表示されます。
    WP SiteManager ページナビ

    こちらもパンくずと同様に、横並びになるようにCSSの設定が必要になりますね。

    あと、こちらも「パンくずナビ」と同様に指定可能なパラメータが用意されています。
    http://www.wp-sitemanager.com/usage/pagenavi/