SSL Insecure Content Fixer


今回は「SSL Insecure Content Fixer」というプラグインの紹介です。

SSL Insecure Content Fixer Top

HTTPSの通信設定を行った際に、

テーマの中で読み込んでいるCSSや画像、過去に投稿した写真などがあると、

「http://~」と「https://~」のURLが混ざってしまいます。

それだと、

例えば、ブラウザからアクセスした際にCSSを「http://~」のまま読み込んでいると、

レイアウトが崩れてしまいます。

それに、URLバー横の鍵マークも壊れてしまいますし。
      ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
SSL Insecure Content Fixer 鍵マークが壊れている

※正常にリンクを行えている場合には、以下の様にアドレスバーが緑色に表示されます。
SSL Insecure Content Fixer アドレスバーが緑

 

こちらのプラグインは、それを防いでくれます。

 

設定方法は、

プラグインをインストール、有効後に、設定画面へ移動します。

 

設定画面へは、管理画面左メニュー「設定」→「SSL Insecure Content」から移動できます。
SSL Insecure Content Fixer 詳細設定

  • 非セキュアコンテンツの修正方法
    ※「無効」「シンプル」「コンテンツ」「ウィジェット」「キャプチャ」「すべてキャプチャ」のいずれかを選択します。
     デフォルトでは「シンプル」にチェックが入っていると思いますが、
     必要に応じて変更して下さい。
     例えば、<head>~</head>内に読み込んでいるCSSやJSなども全て「https://~」に読み替えたい場合には、
     「すべてキャプチャ」を選択して下さい。

  • 特定のプラグインやテーマの修正
    ※デフォルトのままでOKです。

  • Ignore external sites
    ※デフォルトのままでOKです。

  • HTTPS の検出方法
    ※HTTPS通信の設定方法によっては、変更して下さい。