Really Simple SSL


今回は「Really Simple SSL」というプラグインの紹介です。

Really Simple SSL Top

WordPressで構築したサイトを強制的にHTTPS通信にしてくれるので、

Googleが推奨する常時SSL通信設定に対応させる際に便利なプラグインです。

 

こちらのプラグインは、

インストール後に有効化すると、

プラグインの設定画面に以下の画面が表示されるので、

「はい、SSL を有効化します。」ボタンをクリックして有効化します。
Really Simple SSL SSLを有効化

これで、設定は完了しました。

あとは、「http://~」で管理画面やユーザー公開側のページにアクセスしてみて下さい。

強制的に「https://~」へリダイレクトされればOKです。

 

それと、

このプラグインには、

一応以下の様な設定画面がありますが、

基本的にはデフォルトのまま変更する必要はないです。

設定画面へは、管理画面左メニュー「設定」→「SSL」から移動できます。
【設定】タブ
Really Simple SSL 設定画面

【セッティング】タブ
Really Simple SSL セッティング

 

SSL通信設定の完了後、もし「Google Search Console(サーチコンソール)」や「Google Analytics(アナリティクス)」の登録を行われている場合には、

そちらの設定変更も必要になるので、

忘れずに行ってください。

変更方法については以下にまとめてあります。

HTTPS通信設定後に必要な作業
GoogleがHTTPS通信設定を推奨し始めてから、SSLを導入するサイトが増えたと思います。既存サイトにSSL通信を設定した場合には、何点か変更が必要になるので、その変更について説明します。SEOにも影響することなので、忘れずに対応するようにして下さい