Easy HTTPS Redirection


Easy HTTPS Redirection」というプラグインの紹介です。

Easy HTTPS Redirection Top

こちらも、「Really Simple SSL」と同様に、

WordPressで構築したサイトを強制的にHTTPS通信にしてくれるプラグインです。

 

こちらのプラグインの特徴は、

サイト全体をhttps://~での通信に統一することも可能ですが、

特定のページのみをhttps://~にリダイレクトさせるように設定することも可能です。

 

まずは、

プラグインをインストール後に有効化します。

管理画面左メニュー「設定」→「HTTPS Redirection」に移動します。
Easy HTTPS Redirection 設定画面

各項目について簡単に説明していきます。

・Enable automatic redirection to the “HTTPS”
チェックを入れて有効にします。

有効化にすると、.htaccessに以下の様な記述が追記されます。
===================================================================
# BEGIN HTTPS Redirection Plugin
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{SERVER_PORT} !^443$
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [L,R=301]
</IfModule>
# END HTTPS Redirection Plugin
===================================================================

・Apply HTTPS redirection on
「The whole domain」を選択 => サイト全体をHTTPS通信にします。

「A few pages」を選択
=> 特定のページのみをHTTPS通信にします。
 こちらを選択した場合、その下のテキストボックスにHTTPS通信させたいページのURLを登録します。
 例えば、「http://sample.com/category/sample/」のURLを登録した場合、
 .htacessに「RewriteCond %{REQUEST_URI} category/sample」の様な記述が追加されます。
Easy HTTPS Redirection htaccess

・Force resources to use HTTPS URL
こちらにはチェックを入れておいた方がいいです。
チェックを入れておくと、記事の中に投稿している写真などのリンクも「https://~」に変更してくれます。
HTTPS通信設定以前に投稿した記事だと、投稿写真が「http://~」でリンクを貼られているので、助かります。

 

因みに、

もしもこのプラグインを無効にしたい場合などは、

.htaccessを開いて、

================================
# BEGIN HTTPS Redirection Plugin


# END HTTPS Redirection Plugin
================================

の部分も削除するように下さい。